Kemper Profiler Playerの実力 購入後レビュー② プリセットの秘密と弱点の解決方法

プリセットされてるリグの秘密? 秘密って程ではないけど、Kemper Playerのプリセットリグにはリキッドプロファイルされたものが多いのが特徴。 リキッドプロファイルってなんだっていう人はこちらの記事を

収録されてるリグとリキッドプロファイルの見分け方、それとどういう人にKemper Playerがおすすめか、もうひとつKemper Playerの弱点を解決する方法を書いてみます。

Kemper Playerのプリセットリグはキープしておいた方が良い

上で書いたように今回のKemper Playerのプリセットにはリキッドプロファイルされたリグがたくさん収録されてます。

  • SOLDANO SLO100
  • FRIEDMAN BE100
  • PEAVY 5150
  • MESA BOOGIE DUAL RECTIFIER
  • MARSHALL JCM800
  • MARSHALL PLEXI
  • FENDER TWIN REVERB
  • FENDER DELUX REVERB
  • VOX AC30

どういう基準かわからないけど、プリセットに入れてるくらいなので、とても奇麗にプロファイルされてる印象。

もちろん組み合わせるキャビで音はかなり変わりますけど、GAINの変化やTONEの挙動は自然で、どれもモデリングのようなイメージで使用することができます。 

リキッドプロファイルのリグかどうか確認する方法

Kemper Playerには50個のリグがプリセットされてますが、そのすべてがリキッドプロファイルというわけではないので、ここではその見分け方。

リグマネージャー上段の一覧から任意のリグを選択 → 中段のルーティング画面の Amplifier を選択 → そうすると下段にAmp Model というところの表示にアンプ名が入っていればそのリグはリキッドプロファイルされたリグという意味です。 ここの表示が Kemper Generic になっていれば通常のプロファイルリグになります。

今回収録された中では SOLDANOとFRIEDMANと5150はとても好みで、手持ちのIRと組み合わせるとGAIN量もTONEも自由に触れて非常に音作りがしやすいです。


だいたい今までのKemperは、音作りという概念は持たない方がいい機材でしたが(音作りではなく、リグマネで音を探す、もしくはプロファイルで音を製作するっていうのが正しいイメージ。)、リキッドプロファイルによってこの部分もモデリングに負けない自由な音作りができる機材になったのではないかと思います。

Kemper Playerを購入するかどうか迷ってる方へ

初めてKemperを買う人

初めてKemperを買う人は、必ず上記のリキッドプロファイルの確認方法を覚えて、リグマネからもそのようなリグを多めに取り込んで使うのであれば全然問題ないと思います。
また、リキッドプロファイルのリグじゃなくてもいい音のリグは山ほどあるので、それを選んで使うだけでも十分Kemperの素晴らしさを体感できると思います
ただし、荷物の移動が苦にならない人はもちろんKemper Stageを買った方がよいかと思います。

Kemper Head / Rackをすでに持ってる人

ライブやセッションやスタジオ等、外でKemperの音を気軽に使いたい人、また電車移動で荷物を減らしたい方には最高です。Kemper持ってるけどボード組んだりしたい、という僕みたいな人には超おすすめ。
エフェクト数にこだわらない、プロファイルもしないっていう人はもうHEADもRACKも手放しても大丈夫だと思います。

Kemper Stageを持ってる人

これは一番微妙だけど、お金に余裕あるなら買いましょうw

Kemper Playerの弱点を解決する方法

見出しほど凄い解決方法、という訳ではないですが… ひとつ試したい事があって、これを買えばKemper Playerの弱点のひとつである画面が無いwっていう大きな弱点を確実に解決できます。

余ってるスマートフォンを使う

使わなくなったスマホでもamazonで売ってる安いスマホでもいいんですが、うまくKemper Playerに固定する形でボードに設置すれば、WifiもしくはBluetoothで接続してそこで動くリグマネージャーを立ち上げておけば、タッチパネルで操作が可能になります。 いまどんなリグが選択されてるのかもわかるのでディスプレイ代わりにもなる….

まだやってる人見かけないので今度やってみようかなと思ってます。 どうやって固定するかがポイントだ…

SNSでもご購読できます。

コメントを残す