LINE6 HX STOMP レビュー part.4 -snapshot-

前回はパッチチェンジでしたが、今回はスナップショット。

音切れなしのシームレスな切り替えが可能なこの機能を使ってシングルDSPの限界に挑戦しました。

セッティングはこんな感じ

snapshot

★ snapshot.1 Clean Sound
Comp → Amp(JC-120)+Cab →  Chorus → Delay

★ snapshot.2 Drive Sound
Amp(Friedman) → IR → Delay

★ snapshot.3 Lead Sound
Amp(Friedman)→ IR → Chorus → Delay

使えるブロック6個全て使ってコンプレッサー、アンプを2台、IRを1つ、コーラス、ディレイでそれぞれのON/OFFと内部のパラメーターを変更してます。

AMP+CABブロックを二つ並べても良かったのですが、それだとDSPの関係でアンプの種類によっては空間系が配置出来ない(6個目が配置できない)ことがあったので、IRを配置してます。

自分の場合は基本HR/HMなので、1曲の中で3つ、こんな感じでクリーンとドライブとソロを作れれば十分かなと思います。 この6個というブロック数に不満がある方もいるかもしれませんが、個人的にはかなり絶妙な所だなと^^

音切れももちろんないので動画で確認してみてください!

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Petr Jelínek より:

    こんにちは、私は新しいHXストンプユーザーです、私はあなたのサウンドが好きです。あなたのプリセットを私と共有してもらえますか?

    hi, i’m the new HX stomp user and i like your sound. Could you share your preset with me? It would help me also to understand way how to create my own presets in the future. thank you very much.

コメントを残す